6.悪質な設計コンサルタントによる、大規模修繕工事談合の手口 [マンション管理士 業務日誌]

2019年02月07日 by 重松マンション管理士事務所所長・マンション管理士 重松秀士


< ページ移動: 1 2 3 4 >

こんにちは。重松マンション管理士事務所の重松です。

管理組合の大切な修繕積立金を守る一助になればと「大規模修繕工事における談合の実態」を当ブログでご紹介したのが2009年のことでした。
当時としてはかなり思い切って書いた記事ですが、その後も「悪質な設計コンサルタントの存在について」等をご紹介しながら、少しでも多くの管理組合のお役に立てればと情報発信をしてきました。

そして、当ブログでも既にご紹介した通り、2016年11月に、マンションリフォーム技術協会(MARTA)が会報で「不適切コンサルタント問題への提言」を公表。翌2017年1月には、国土交通省が「利益相反行為を起こすコンサル」による被害防止のための相談窓口を指定し、日本マンション管理士会連合会にも協力を求めてきました。その後、複数のマスコミか?この問題を詳しく取り上け?たのて?こ?存し?の方も多いと思います。

10年前の状況を鑑みると隔世の感がありますが、依然として管理組合が安心できる状況にはないのが現実です。
残念ながら悪質な設計コンサルタントがいなくなったわけではありませんし、公募や設計・監理方式を採用した大規模修繕工事の進め方が広まったことにより、それらのお陰で防げるようになった談合等の不正行為がある一方で、逆に彼らにとってはチャンスが増えている状況なのです。

そこで、先日1月30日に千葉県マンション管理士会の会員向けに行ったセミナーの内容をふまえながら、今回はさらにふみこんで悪質な設計コンサルの手口等をこ?紹介し、皆さまの大切な修繕積立金を守る一助にしていただければと思う次第です。

悪質な設計コンサルタントによる談合の手口

談合か?絶えない建築業界

<画像:【イラスト】談合のイメージ>「建設業界に談合はつきもの」といえは?た?れて?も否定はしないと思いますし、昔から談合を巡る事件て?建設会社の社長やお役人か?逮捕されてきたことは珍しくありません。た?いふ?前に「脱談合宣言」をしたはす?の大手セ?ネコンて?さえも、最近、JR東海のリニア新幹線に関する建設工事て?談合を行い、複数の逮捕者を出しています。

マンションにおける大規模修繕工事の世界て?も、昔から悪質な談合か?行われてきました。
ます?は、実際にと?のような方法て?行われているか、その手口をこ?紹介します。

序章間違いの始まり・・・

そもそも管理組合が大規模修繕工事を実施しようとした場合、どのようにして進めたらよいかなかなか分からないのが実情です
多くの場合は、管理会社に相談したり、インターネットで調べたりして「設計・監理方式」を採用し、まずは設計事務所(いわゆるコンサルタント、以下「設計コンサル」)を選定するところから始めることが一般的です。

行政や各種団体が主催する無料セミナー等でも、「大規模修繕工事は設計・監理方式で進めることが望ましい」という内容が圧倒的に多いようですし、数年前のマンション管理新聞の調査でも、大規模修繕工事は70%前後が設計・監理方式で実施されているという記事を掲載していました。

この時点で優良な設計コンサルを選定することができれば被害にあわずに済むのですが・・・残念ながら、ここから間違った方向に進み始めることが多いのです

手口1廉価な見積金額を提示し、言葉巧みな説明て?管理組合に入り込む

管理会社やセミナー講師等は、コンサルを公募する方法か?ある旨を管理組合に教えます。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

6/366

次の記事へ >
< 前の記事へ

『 お知らせ&日記(ブログ)』トップに戻る
サイトマップ

マンション管理士 重松秀士の 『マンションサポート・ドットコム』(PC版)
重松マンション管理士事務所(PC版)

重松マンション管理士事務所
〒260-0022 千葉市中央区神明町13-2-104
TEL:043-242-0192/FAX:043-244-9094

Powered by
MT4i 3.0.5

携帯アクセス解析